×閉じる
×閉じる
  • 準備中
  • バラ科サクラ属
  • 3-4月に花を楽しめます。
  • 見頃
  1. カテゴリー:花の咲く盆栽           
  2. このページの閲覧数:648,131
桜
季節感の象徴、日本人にもっとも愛されている樹木です。桜の生育は非常に旺盛で花もよく咲きます。こまめなお手入れを必要としますが、華やかさを楽しめる盆栽の代表です。 

置き場所
日当たりを好みますが半日陰でも環境に合わせて育ちます。風通しの良い場所に置いてください。基本は室外管理です。冬は風、霜のあたらない陽だまりがよいです。室内では2-3日を目安にして下さい。
水やり
根の生育も早いので水を好みます。春から秋は1日に1-2回の水やりをします。
ギャラリー
桜
  • 桜
     4月撮影
  • 桜
     4月撮影
  • 桜
     6月撮影
  • 桜
     12月撮影

次へ

  • 桜
     3月3分咲き
  • 桜
     8月葉桜

  •  
  • 桜
     

前へ

年間作業
【肥料】梅雨時と真夏をのぞく花後から10月の間に月1回有機性の固形肥料を置きます。適切に肥料を与えると花付きがよくなります。

【病害虫】新芽を好むアブラムシの予防に殺虫剤を春から秋に3-4回散布します。

【剪定】剪定すると切り口から枯れやすいので、消毒済のハサミを使用したり太い枝をカットした場合は癒合剤を塗ります。花後に若い長い枝を切り詰めることができます。

花後の剪定の仕方と剪定をしないとどうなるかを動画で説明しています。参考にしてください。

【葉刈り】剪定後、葉が込み合っている場合には、葉を半分ほどに切る葉刈りを行います。そうすることで、光や風が入り、水分の蒸発も抑えられます。
<葉刈り前↓>
桜の葉刈り前の様子
葉を斜めに切ります↓
桜の葉刈り ハサミで切る様子
切った葉↓
桜の葉刈り 切った葉
<葉刈り後↓>
桜の葉刈り後の様子
葉をすべて切るわけではなく、全体的に光を遮っていたり、重なっていたりする葉を切ります。


【環境】樹全体に十分日が当たると花芽がつきやすいです。日当たりを好みますが、半日陰でも大丈夫なので管理が楽な後者をおすすめします。

【針金】桜は盆栽の中でも枝が折れやすい樹種なので注意しながら針金をかけて曲をつけます。6月頃が最適です。

【花ガラ摘み】花後は花がらを取り除くことで病気を防ぎます。また実がついてしまうと来年の花つきに影響するので摘み取ります。

【冬の置き場所】桜の開花には、一定期間の冬の寒さが必要ですので基本的に外管理で大丈夫です。ただし土が凍る日が続くような地域では、玄関やムロなどに置いて保護してあげる必要があります。

桜の一年の姿

    桜

桜盆栽の関連動画



    桜の剪定 前編

    知らないと出来ない桜の剪定。しっかりと基礎を学んで毎年のお花見を楽しみましょう。前後編に分けて説明しています。前編は桜の花後の剪定をしないとどうなるかを説明しています。これを見ると剪定作業の重要さが理解できます。





    桜の剪定 後編

    後編では実際の作業をしています。花後の剪定をせずに放置した桜のリカバリー剪定の仕方も解説しています。