×閉じる
×閉じる
  • 準備中
高松盆栽
  • 9件の記事があります。
  •  
About Takamatsu Bonsai
About Takamatsu Bonsai

高松盆栽の歴史
高松盆栽
高松盆栽の歴史

日本一の松盆栽の産地高松、国内出荷量の80%のシェアを占め、盆栽の競技会でも多くの賞を取るのは高松盆栽です。これまでにあまたの名品を輩出してきました。国内では埼玉の大宮盆栽と並び、盆栽の聖地として評価されています。高松が聖地と呼ばれるようになったのは、いくつかの要因がありますがまずは歴史を見ていきましょう。

小さく作り大きく見せる 盆栽マジシャン はるちゃん盆栽
小さく作り大きく見せる 盆栽マジシャン はるちゃん盆栽

園に並ぶ数多くの樹種。現在は20〜30種類にもなるそうです。最初からこんなに沢山の種類があったのではなく、お客さんからの声に応え、徐々に種類を増やしていったのだとか。

予約の取れない盆栽講師 清寿園
香川の盆栽園
予約の取れない盆栽講師 清寿園

盆栽の成形に最も重要な工程となる針金掛け。その手法は人それぞれですが、作り手と木の個性が相まって作り込まれていく盆栽は、作り手によって全く違ったものへと姿を変えていきます。今回は、そんな針金掛けの技を極めた盆栽職人、平松清さんにお話を伺いました。

海外はまかせろ アイ アム ボンサイ 山松園
香川の盆栽園
海外はまかせろ アイ アム ボンサイ 山松園

今や世界共通語となった「BONSAI」。
樹種によっては輸入が規制されるものもある中、時間と手をたっぷりかけた盆栽を海外の盆栽ファンへと届けている山松園の山地さん。
そんな山地さんが理想とする盆栽のあり方についてお話を伺いました。

盆栽界きってのプレイングマネージャー 松田清松園
香川の盆栽園
盆栽界きってのプレイングマネージャー 松田清松園

元々稼業を継ごうという気持ちはなかった、と語る松田三男さん。そんな気持ちも一転、今となっては盆栽を美しい姿のまま海外へと輸出すべく、毎日奮闘する日々だといいます。何が松田さんの気持ちを動かしたのか?お話を伺いました。

化学的に盆栽を考える 盆栽研究者 尾路旭松園
香川の盆栽園
化学的に盆栽を考える 盆栽研究者 尾路旭松園

40歳で稼業を継ぐことを決めた尾路悟さん。今では海外への輸出にとどまらず、盆栽の素晴らしさを日本人へと伝えようと様々なイベントも開催。尾路さんの盆栽にかける情熱と優しさに迫ります。

名品はここに モンスター盆栽ハンター  神松寿園
香川の盆栽園
名品はここに モンスター盆栽ハンター 神松寿園

樹齢の古い盆栽を多く持つ神高松寿園。現在、この園を守るのは4代目となる神恵二さんです。毎日休むことなく盆栽との対話を続ける職人の姿に、深い愛を感じました。

盆栽女子ブームの火付け役 花澤明春園
香川の盆栽園
盆栽女子ブームの火付け役 花澤明春園

「難しい」「手がかかる」「高い年齢層向けの趣味」といったイメージが定着しがちな盆栽。しかし現在では、幅広く多彩な年齢層で楽しまれるようになってきました。「盆栽をもっと身近なものに感じてほしい」と語る、遊び心たっぷりの3代目園主 花澤さんのアイデアとは?

  • 9件の記事があります。  
  •