×閉じる
×閉じる
  • 準備中

日本最大級の盆栽生産工場 綾松園

盆栽素材(原木)を作り盆栽職人に納める生産のプロフェッショナル。
野口育実
野口育実
盆栽の学校 編集部
  • 更新日:19.08.14
  • 投稿日:18.11.23
日本最大級の盆栽生産工場 綾松園

国分寺の山側の広大な土地で盆栽の苗木を年間2万本以上生産する綾松園で園主の綾田さんにお話をお聞きしました。

素材=苗木を作る盆栽園

県道33号線、国分寺新居交差点より高松方向に2ほど。コンビニエンスストア前の道を山に向かった先に「綾松園」があります。見晴らしのよい山上の園。ここでは、接ぎ木を施し、松柏の苗木を増やしています。

2代目の綾田正人さんはJAの営農指導員を経て、45歳で父親が開園した同園を手伝い始め、13年目になるそうです。
盆栽には分野があり、「綾松園は素材をつくるところ」と正人さんは言います。
「盆栽の最初の段階のところで商っています。苗なので安く購入できますよ」と正人さん。多くの人に変わった品種を知ってもらいたい、まだ名前が付いていないような松も育ててもらいたい、と願います。

初代は「接ぎ木」名人

「接ぎ木の名手と聞きました」と尋ねると「父がね」と笑いつつ、「私はまだまだ見習い。父が接いだ松苗を鉢に植えたり、水やりをしたり。整枝剪定するのが私の役割」と、ビニールハウスに連れて行ってくれました。
そこには82歳になった正さんが黒松の台木に、この園で生まれた「千寿丸」の穂木を接いでいる最中でした。

接ぎ木は毎年4〜5千本。正さんは約50年従事しているので「もう、何十万本接いでいるか分からない。頼まれた業者のところにも接ぎに行く。だから、まだまだ父に追いつけないんです」と正人さんは正さんを敬います。

大事な台木は種から育てる

台木と穂木の掃除、穂木を台木に接ぎ合わせポットに入れる、この一連の作業は5人の手を経て続きます。
「接ぎ木のコツは、台木と穂木の形成層をあわせること」と正さん。
黒松の根の際に切り目を入れ、そこに穂木を接ぎます。ハウスの奥には接ぎが完了し、土に植えこまれた松のポットがびっしり。その黒松の根元には接がれた「千寿丸」の葉先が土から顔を出していました。
ビニールハウスの外にも広がる松の畑。正さんが最も大事と語る「台木」になる松たちが種から育てられています。

「千寿丸」は綾松園生まれ

「千寿丸」は、同園の黒松に接いだ「寿」からの突然変異です。一枝だけ芽の数が多い「八ツ房」が生まれました。この黒松寿八ツ房は「千寿丸」と命名。
その親木から名人の手で次々と「千寿丸の苗木」が育っています。現在また、その原木に新たな突然変異の枝が伸びています。新種松の増殖が楽しみです。
綾松園(りょうしょうえん)

この記事を書いた人

野口育実
野口育実
盆栽妙スタッフ。モノを育てる・増やすのが好きで、メダカや菌類を増やすのが趣味。盆栽初心者で入社し、今では盆栽と苔の世界にハマる。現在は挿し木と苔テラリウムについて日々勉強中の二児の母。

この記事のキーワード

  • 千寿
  • 台木
  • 穂木
  • 接ぎ木
  • 黒松
  • 正人
  • 松園
  • 接い