×閉じる
×閉じる
  • 準備中

盆栽とは?はじめて盆栽に興味を持った人が知っておきたい7つのこと

盆栽家 高村雅子がこれから盆栽をはじめる人に伝えたいこと。より盆栽を楽しむために頭に入れておきたい基礎知識
高村雅子
高村雅子
盆栽妙 店長
  • 更新日:19.12.9
  • 投稿日:19.11.23
盆栽とは?はじめて興味を持った人が知っておきたい盆栽のこと

盆栽は日本の誇る伝統文化、芸術であり、和の精神が宿る非常に奥深いものです。古より継承されてきた盆栽について深く知り、その世界観を理解することで、日本の文化、芸術、精神世界に通じる和心などの本質に迫れるのではないでしょうか。

盆栽とは何か? 「盆栽の学校」では根本的、基本的なことを踏まえ、分かり易く解説していきたいと思います。

目次

  • 盆栽とは
  • 盆栽の形式とルール
  • 盆栽には鑑賞の仕方が作法がある
  • 初心者はまず樹形を覚えるところから
  • 盆栽は飾ることで魅力を増す。盆栽の飾り方
  • 盆栽の起源と歴史
  • 盆栽を作る人々

盆栽とは

盆栽

盆栽と聞いた時、あなたは何をイメージするでしょう? 小さくて趣のある鉢を思い浮かべる人もいれば、大事そうに盆栽を育てるおじいちゃんを思い浮かべる方もいるかもしれません。

盆栽おじいちゃん

国民的人気アニメーション『サザエさん(1969年?放送)』の磯野波平さんが、庭で盆栽を手入れしている姿や、こちらも国民的人気アニメーション『ドラえもん(1973年?放送)』にて空き地の隣に住む神成(かみなり)さんが、のび太やジャイアンたちのとばした野球のボールやラジコンのせいで、盆栽を壊され激怒するシーンなどはよく知られているのではないかと思います。

盆栽とは、見た目そのままで言えば、鉢に植えてある植物です。しかし鉢植えとはまったく違うものです。盆栽は、盆=鉢 栽=植物が一体化した芸術作品です。器は、実用的な入れ物、植わっている植物の添え物ではなく盆栽そのものの一部なのです。植物だけ鑑賞するのではなく、鉢との相性が総合的にいい盆栽が観賞価値が高いとされています。

壮大な自然

盆栽は、小さな木に壮大な自然や、雄大な時の流れを感じさせるものでもあります。盆栽を室内に置いてみると、そこだけ時が止まったような、悠久の自然や時間を演出する効果や、庭園の静寂や荘厳さを呼び込むような効果が感じられたりもし、日々の煩わしさを忘れ、心を和ませてくれることがわかります。

我が国では精緻に作られた、限定された空間の中に美を見出す文化があります。例えば茶の湯は限定的な空間=茶室において、茶の湯、茶釜、お花、掛軸、茶菓子などを一体化し、お茶を頂くという行為、道具全般、一連の所作などにも日本の美が色濃く反映されています。

石庭や枯山水などの日本庭園には禅の侘び寂びと言われる派手派手しさとは程遠く、無駄を省き、静かに工夫が凝らされた趣が特徴です。石庭や枯山水は主に石と砂で構成された庭から大自然、悠久の時の流れを感じさせるものです。盆栽もまた、1本の鉢の木に、大自然を封じ込めたような錯覚、感覚を覚えるもの、抽象と具象の美を体現するものなのです。

大自然、自然の美を体現するものではありますが、盆栽の妙なところは盆栽の体現する大自然や悠久の時の流れが自然発生的に作られたものではない盆栽は大自然や悠久の時の流れを体現するが自然そのものではないという点です。

山野にある大自然を切り取って、似たような形の植物を鉢に植え、「盆栽ができました」ということでは決してないのです。これまでに出会った景色、幾度も鑑賞した景色、こういう景色や樹があったらいいなという理想の景色、理想の樹の理想の枝ぶり樹形などの感じを、盆栽に向き合う個人のフィルターを通して表現していくいのが盆栽というものではないでしょうか。

木が自然に育てば様々な枝ぶり、形、環境、気象条件などによっては、同じ樹種でも様々な大きさや樹形のものとなります。よく手入れされた庭園の松であったり、断崖絶壁に地形や海風により曲がりくねって生える松であったり、盆栽はその姿に庭園や自然の風景を凝縮、濃縮し表現したものと言えるでしょう。

日本の庭は自然を圧縮したものであり、庭をさらに圧縮すると坪庭になり、さらに圧縮すると盆栽となります。日本独特の美意識が凝縮されたものなのです。日本庭園、和庭を整え、維持管理することことには大変な労力がかかります。

盆栽もまた然り、管理や維持のため時間と労力がかかります。自然の美を小さい鉢の中に濃縮するため、盆栽の基本の形を作るため、理想の形を保つために樹を剪定したり、枝に針金を巻き付けて、枝の位置を変えたり曲げたりすることが必要となります。

自然の美と人口的に作られた美の調和が盆栽の見どころでもあるのです。調和が見事な盆栽は息を呑むほど異次元的、神秘的で小宇宙がそこに広がるかのような存在感さえあるものです。

盆栽の形式とルール

水をやったり、樹を整えたりするのは好きにやればいいじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、盆栽独自のルールを知ればより盆栽の魅力を楽しむことができます。

盆栽は自然の凝縮、日本独特の美を体現することからも、日本特有の風土が生んだ四季を凝縮して楽しむものです。四季を楽しむにあたっては、育て方や向き合い方も四季折々で自ずと違ってきます。

盆栽における形式やルールは先人達がより素晴らしい盆栽を仕立てるために培ってきた貴重な知識、知恵です。手入れをしながら観察し、自分なりの手入れを見出していくことが盆栽の楽しさなのです。ルールを知ると、育てる楽しみに加え、鑑賞する際の楽しみも大きくなります。

盆栽の樹種や樹形は数え切れないほどありますが、樹種の特性や仕立て方などにより、全く同じ姿形になるものはありません。1体1体違うという前提を知った上で、鑑賞する際には、向きや樹齢、姿形など幾つかの要素に気をつけてみれば、より深く盆栽と向き合うことができるでしょう。

盆栽は、ただ鉢に樹を植えればいいわけではなく、仕立てる過程で様々な技が必要になります。

例えば枝の剪定や根の切り詰め、針金で枝を曲げる、などが挙げられるでしょう。膨大な時間をかけて剪定や針金かけ等の作業が施され、樹形の修正が図られます。加えて、必要に応じて角度変更や太幹曲げ、樹応を切断するなどの作業もあります。

しかし、入念に仕立てたからと言って、仕上がりに、人工的な部分が見えてしまってはいけないというのが盆栽の難しいところです。 ありのままの自然をそのまま見せるのではなく、自然の美しさや厳しさを凝縮して魅せることができているものが、良い盆栽と言われます。

仕立てられた盆栽を鑑賞する際、またご自分で盆栽を仕立てる際に、自然の中の景色を凝縮して盆上に表現していくとすれば、どんなところに手をかけられているか、かけるのかを意識すれば、鑑賞の楽しみも増えるというものです。

知識と観察眼を駆使することで、その盆栽の背景に隠れたストーリーを読み取れるようになるのです。いったいどんな場所で育てられ、どのような意図を持って仕立てられたのかなどと、考えを巡らせることで、盆栽への向き合い方も、より充実したものになるでしょう。

日々水をやり、四季折々に合わせた手入れを施し、病害虫から守り、慈しみながら盆栽を手入れし、鑑賞する、といった盆栽との暮らしは、心の充足をもたらしてくれるに違いありません。

日本の四季の移り変わりを感じ、手間ひまかけて作り上げ、樹と調和した鉢を選び、自分らしい盆栽を作っていく、小さな鉢に大自然を表現することで、日常に芸術的な興が添えられるに違いありません。

盆栽には鑑賞の仕方が作法がある

盆栽を鑑賞するなら個々の鑑賞の仕方で楽しめばいいのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、鑑賞のポイントを知れば鑑賞する際の楽しみもより大きなものになります。知識を得、観察眼を養えば、自然の縮景である盆栽の背景にあるストーリーを読み取ることができ、盆栽へのさらなる興味も湧いてくるに違いありません。

まず盆栽には見るべき角度があります。そこから盆栽が持つ魅力のポイントをひとつひとつ鑑賞していきます。

盆栽職人は見られることを前提に樹を作っています。正しい鑑賞ポイントを知ることで作り手の意図が見えてくるとより盆栽が楽しめます。そしてなぜ盆栽が芸術品と言われるのか分かるようになるはずです。

職人ひとりひとりの個性とセンス、樹の持つ生命力や特徴が盆栽を通じて表現されているのです。

初心者はまず樹形を覚えるところから

盆栽の表現方法は様々です。盆栽にはその樹の特徴を生かした「樹形」があります。自然の木々の姿をもとに、剪定(せんてい)や針金で樹形を整えていきます。
「樹形」の分類も数多くありますが基本的にはその植物が自然に育っている姿がお手本になります。

盆栽の樹形は、幹が天に向かって真っすぐ伸びる「直幹(チョクカン)」、幹が一方向に傾いている「斜幹(シャカン)」、太い幹が曲線を描きながら伸びる「模様木(モヨウギ)」、幹が根もとから2~3本に別れている「双幹・三幹(ソウカン・サンカン)」など、その多様さは挙げればキリがない程です。
しかしどの表現にも考えられた意図と、それに準ずる技術があります。栽培者たちそれぞれの木の持ち味を活かしながら、理想の姿を追求していくのです。

樹形も多種多様ですが、盆栽用土の種類も多彩で、時には植物の性質に合わせてブレンドすることもあります。まずは盆栽の基本的な部分を抑え、実際に手を動かしながら覚えていくのが良いでしょう。
盆栽の本やウェブサイト、盆栽展示会、盆栽専門店などで素晴らしい盆栽をたくさん見ていると目が養われて、盆栽づくりもより楽しいものになるでしょう。

盆栽は飾ることで魅力を増す。盆栽の飾り方

何気なく盆栽を置いておくのはもったいない。盆栽にも飾り方があるんです。

盆栽の展示会や競技会では飾り方のルールにそって飾られています。盆栽は小さな鉢の中に表現した大自然だとお伝えしてきましたが、盆栽を置く台や複数の盆栽の組み合わせ、掛け軸や添え物でより自然を表現していきます。

飾られた盆栽にはそれぞれ意味があり、なぜそう置かれているのか、飾り方のルールを知ることでより盆栽が楽しいものになるのです。

知識としては覚えることも多く、ハードルも高いですがぜひチャレンジしたい項目です。

ただ、正式な置き方・飾り方があるからといって必ずしもそうでないといけないわけではなく、もちろん自由なセンスで盆栽を表現していくのも楽しみです。最近では世界で活躍する若手盆栽家の平尾成志さんが従来の発想にとらわれない盆栽の新しい形で人々を魅了しています。

平尾成志

瀬戸内海の島々を舞台に開催される現代美術の国際芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」では盆栽の展示を行い高い評価を受けたのは記憶に新しいですね。

盆栽の飾り方を深く学びたいと思ったら下記の記事をぜひ読んでください。

盆栽の起源と歴史

ここまで読み進めたあなたはもう盆栽の虜になっているはずです。すぐにでも盆栽が欲しくなったかもしれません。そんな方には盆栽がすぐ届く通販をおすすめします。ここまでの内容を踏まえて商品をみているだけでも楽しいはずです。

盆栽の通販ページに行く >>>

でもまだまだ知ってほしいことがあります。盆栽の歴史についてです。盆栽は日本的なものとして世界中で評価されているのですが実は起源は日本ではありません。

別の国で生まれた盆栽が日本にやってきて、そこで日本人によって現在のジャパニーズスタイル盆栽ができたのです。そこには宗教や禅の影響も多分にありました。そして何より日本人の気質や性格的なものが大きかったように思われます。

どのように盆栽が生まれて成熟していったのかを学ぶことで盆栽への理解を深め、なにより日本の文化として誇りを持てるようになるのではないでしょうか。

そして盆栽の歴史を学ぶことにおいて、面白いのはその時代を生きた盆栽が現存するということです。大なり小なり盆栽には個々に歴史があります。作り手が代わりながら引き継いできた樹齢数百年の盆栽も存在します。盆栽のバックボーンを知ることは盆栽を楽しむ上で欠かせない要素なのかもしれません。

盆栽を作る人達

最後に知ってほしいことは盆栽を作る人の存在です。

現在でははっきり言って盆栽は身近なものではありません。欲しいと思っても売っている場所もなければ目にする機会すらありません。盆栽の情報や書籍も多くはないです。

世界中で日本の盆栽が評価される中で日本国内では忘れられた存在になっているんです。そういう状況ですから盆栽の作り手も廃業や後継者不在で数が減ってきています。

盆栽を作る人を盆栽職人、盆栽家、盆栽作家、盆栽農家などと呼ばれています。呼称によって仕事の内容も変わってきます。そのあたりはまた別で詳しくお話ししたいと思いますが、まずは盆栽を作る人達がどういう思いで盆栽を作っているのか知って欲しいです。

世の中には知られていないけどとてもすごい人達がいっぱいいるんです。盆栽自体が日の目を見ない状況なのでその作り手にスポットがあたることは少ないですが、盆栽の学校ではできるだけ多くの職人たちのストーリを紹介していければと思っています。そこも含めて盆栽の楽しさだと考えています。

最後に

「盆栽についてはじめに知っておきたい7つの項目」を読んで、盆栽について少しでも興味をもってもらえるとうれしいです。もし普段の生活で盆栽を目にしたら足を止め今日知ったことで盆栽に想いをはせてほしいです。

あなたがとなりにいる友達や家族に楽しそうに盆栽について語っている姿を想像し、世の中に盆栽の魅力に気づいてくれる人が増えるといいなと思いながら記事を書きました。

最後までお読み頂き本当にありがとうございます。

もし盆栽を始めてみたいなと思ったら全力でサポートさせてください。盆栽妙でお待ちしております。

盆栽妙はこちら >>>

この記事を書いた人

高村雅子
高村雅子
盆栽妙の店長 盆栽家。三重県鈴鹿の田舎生まれ。大学進学を機に大阪に出て卒業後は秘書として企業で働く。結婚して退職、子育てに奮闘。子供も大きくなり、自分の時間が持てるようになったので、かねてより大好きだった植物をもっと勉強するべく、盆栽の世界へ踏み入ることに。同郷の盆栽職人 太田重幸に師事し、盆栽の奥深さを修行した後、自宅で教室を開業。2007年にインターネット盆栽販売店 盆栽妙をオープンし、盆栽メルマガ登録数日本一に。盆栽はじめるサポートに日々奮闘中。

この記事のキーワード

  • 自然
  • 大自然
  • 植物
  • 鑑賞
  • 姿
  • 手入れ
  • 凝縮